2018年4月24日(火)放送のNHKおはよう日本で、筑波大学付属聴覚特別支援学校で行われた「耳で聴かない音楽会」の予備実験の様子が放送されました。

スポンサードリンク

音楽を「振動」や「視覚」で楽しむ

「耳で聴かない音楽会」は日本フィルハーモニー交響楽団が主催したコンサートで、特殊な装置(機械)を使って振動や視覚で音楽を楽しめるよう企画されたそうです。

番組では市川市国府台にある筑波大学付属聴覚特別支援学校で行われた予備実験の様子やサウンドハグやオンテナと呼ばれる装置(機械)がどうやって音楽にあわせて光や振動を伝えるのかを紹介していました。

聴こえなくても 音楽を楽しむことはできる(けさのクローズアップ)

放送では、生徒さんの音を感じた瞬間の表情や笑顔がとても印象的でした。