京葉線二俣新町駅
※画像はイメージです。

3月4日(金)の夜、二俣新町駅に停車するはずの電車が誤って駅を通過するミスがありました。
JR千葉支社の発表によると、4日の午後9時25分ごろ、東京発蘇我行き下り電車が二俣新町駅(市川市二俣新町)を誤って通過し、乗客約12人が乗降できなかったとのこと。

ミスは乗客が「(二俣新町駅)で電車が停車せず、降りられなかった」と駅員に申し出て判明。電車の運転士(35)と車掌(59)はいずれも「違うことを考えていて(通過したことに)気付かなかった」と事情を説明しています。(その後、運転士の居眠りが原因と判明)

京葉線といえば、それほど本数が多い電車ではないですし1区間の距離が長いので、停車駅にとまってもらわないと困りますね。

また運転士だけでなく、車掌も(通過)に気付かなかったというのは何だか残念なニュースです。