京葉線二俣新町駅
2016年9月25日夜、JR京葉線二俣新町駅で電車が停止位置を200m通過するオーバーランがありました。
[myphp file="ad"]

オーバーランがあったのは9月25日(日)午後7時5分ごろ。

東京発蘇我行駅行の普通電車で乗客約250人がのっていました。

駅を通過しそうになったことに気付いた車掌が非常ブレーキを作動させ、電車は停車位置を修正。
同駅で約15人が乗降した後約5分遅れで発車したとのこと。
 

JR千葉支社によると、男性の運転士(20代)が通過駅と勘違いしたことが原因とみられています。

またオーバーランです。今年4度目。はっきり言って多すぎです。

3月7月、そして9月。
こんなに続発するのは再発防止の周知徹底が行き届いていないのかなとも思えます。

今月は新幹線で運転台に両足をのせて運転していたニュースがありました。

新幹線も在来線も多くの乗客をのせて走っているのですから、気持ちを引き締めて安全運転に努めてもらいたいものです。