市川真間駅の踏切
※画像は事故当時のものではありません。
2016年10月20日(木)午前7時30分ごろ京成線市川真間駅付近の踏切でバスが立ち往生し、その影響で京成線が遅延するトラブルがありました。
場所は市川真間~国府台駅間の踏切です。

こちらがその時のツイッター情報


バス同士が踏切付近で上手くすれ違うことが出来ず、ピンク色のスクールバスは遮断機が頭にのっかっています。

この影響で京成線が遅延、周辺道路が渋滞、歩行者や自転車も大混雑となりました。

通勤や通勤時間帯は大きな車両が必要となりますが、この道幅をバス同士がすれ違うのは少し無理があるのかもしれません。

けが人なく大惨事に至らなくてよかったです。