NOIMAGE画像
東山魁夷記念館で特別展「習作 東京十二景」が2016年12月10日(土)より開催中です。
[myphp file="ad"]

東山魁夷記念館で年に1度開催される特別展、今回は昭和34年に東山魁夷氏が東京の彌生画廊で発表した冬の東京をテーマとした12作品の習作が展示されます。

また東山魁夷氏とともに彌生画廊主催のグループ展「彌生会」に参加し、戦後の日本画廊をけん引した加藤栄三氏や高山辰雄氏の作品も紹介されています。

特別展は来年1月29日(日)まで。

尚、「コミュニティバス1日乗車券」を提示すると観覧料が2割引になるお得なサービスも。

特別展とあわせ、コミュニティバスで市川市内をぐるりと散策するのもいいかもしれませんね。

【特別展 東山魁夷「習作 東京十二景」】
  • 日時:12月10日(土)~2017年1月29日(日)
  • 休館日:月曜日(祝休日の場合は翌平日)、12月28日(水)~1月4日(水)※3日(火)は開館
  • 会場:東山魁夷記念館(中山1-16-2)
  • 電話:047-333-2011
  • アクセス:京成線中山駅より徒歩約15分、JR総武線下総中山駅より徒歩約20分
  • 特別展観覧料:一般700円、65歳以上560円、高校生・大学生350円、中学生以下無料
  • 市川市東山魁夷記念館公式サイト