NOIMAGE画像
2017年2月24日、市川市立妙典中学校で11人の生徒が体調不良を訴え病院に搬送されましたが、その後の調査で原因が給食による食中毒とは断定できなかったことがわかりました。

この事案は発生当時NHKのニュースでも報道されました。

参考記事:2/24妙典中学校で体調不良を訴える生徒が相次ぎ11人が病院に搬送

その後、具合の悪くなった生徒の症状(発疹・かゆみ)や医師の所見などからヒスタミン中毒の可能性もあるとして調査が進められてきました。

しかし、当日の給食や食材・生徒の検便からもヒスタミンは検出されず、食中毒細菌やウイルスも確認できなかったということです。 

食中毒でなかったとすると何が原因だったのか?が気になりますが、現在も特定はできていないようです。

この日は期末テストの最終日ということで、疲れやストレスとの関連もあるのではないかと一部報道にありました。

原因特定にはまだ時間がかかりそうですが、全ての生徒たちが回復して一安心です。