春の史蹟まつり2017
2017年4月23日(日)、真間手児奈霊神堂境内で行われた春の史蹟まつりに行ってきました。
[myphp file="ad"]

昨晩の雨もすっかり止んで、今日は快晴。

新緑がキラキラとまぶしいぐらい最高のお天気でした。

「万葉の里 春の史蹟まつり」は、市川市真間の文化遺産を多くの人に知ってもらおうと毎年4月下旬の日曜日に真間史蹟保存会によって開催されているイベントで、

講師を迎えての文化講演会や、
真間史蹟保存会

地元の皆さんによる万葉集歌朗唱、
春の史蹟まつり2017万葉集歌朗唱

甘酒・黒米の販売、万葉・縄文時代の市川市出土土器展示といった催しが行われています。

焼きそばやわたがしなどの模擬店も
春の史蹟まつり模擬店2017

藤棚の下ではお茶席がもうけられていました。
春の史蹟まつりお茶席2017

こちらは市川考古博物館特設コーナー
市川縄文土器

なんと!市川で発見された縄文土器を触ってもいいと!
市川市の縄文土器

貴重な体験です。

そして第1回ブックフェアも開催。
春の史蹟まつり/ブックフェア
これが全部100円!?と思うぐらい読みたいものがたくさん。
第1回ブックフェア/真間手児奈霊神堂

イチ子も大量購入です。

楽しみながら地域の文化や歴史を体感できるイベントはいいですね。

次回の開催も期待しています。