2018年10月5日(金)午前9時半ごろより、架線点検のため京成線の全線で運転を見合わせています。

スポンサードリンク

トラブルの詳細

5日午前7時45分、西登戸駅で停電が発生、その後隣のみどり台駅で送電線から出火、午前9時半ごろには江戸川区の高圧線で出火が確認され、全線で運転を見合わせています。

尚、JRの外房線や総武線も5日早朝に電車のパンダグラフからの火花が確認されています。

京成線は3日にも船橋競馬場駅で送電トラブルがあり、約2日にわたり運休や電車の遅れが発生しています。

台風24号による強風で電気設備に塩分が付着したことによる「塩害」が原因の可能性もあるとして各鉄道会社は調査中です。

最新の運行状況はこちら(京成電鉄)
※京成電鉄のHPは問い合わせが殺到しているためか、12時すぎよりサーバーがダウンしているようです。

京成電鉄の公式ツイッターでも最新情報が確認できます。

午後4時半のNHKニュースによると、運転再開のめどはたっていないということです。

京成運転再開めど立たず 塩害か(NHKニュース)

参考記事:京成本線、一部の区間(京成上野駅~京成高砂駅・八千代台駅~京成成田駅)で運転再開