NOIMAGE画像
参考記事:6/26(月)市川市議会議員が児童買春・児童ポルノ禁止法違反の疑いで逮捕、「覚えていないのでわかりません」と容疑を否認

市川市議が児童買春・児童ポルノ禁止法違反容疑で逮捕された事件で、市議の報酬の支給差し止めなどに関する条例が賛成多数で可決されました。


スポンサードリンク

市議の議員辞職勧告も決議

現行の条例では議員が辞職しない限り報酬を支給することになっていましたが、新条例では議員が刑事事件で逮捕されるなどし、報酬などを支給することに市民の理解が得られないと判断される場合、議長が判定会議を招集し、出席者の4分の3以上が賛成すれば支給を差し止められるという内容。

刑事事件に関しては無罪が確定した場合などには差し止め処分を取り消すことになっています。

条例可決後、判定会議が開かれ、市議の報酬などは8月より差し止めが決まりました。

また臨時議会では市議の議員辞職勧告も決議されています。