こざと公園の白鳥家族2016
南大野のこざと公園で生まれた白鳥のヒナが、先週末3羽亡くなっていたことがわかりました。


スポンサードリンク

市川大野駅から徒歩約15分のところにあるこざと公園で先月下旬に4羽のコブハクチョウのヒナが誕生しました。

【関連記事】南大野のこざと公園で白鳥の雛がかえりました!

雛の誕生は地元住民の方も大喜び!連日、多くの見物客が公園に訪れ、「大きくなるんだよー!」と皆でヒナの成長を見守っていました。

まだ誕生から3週間。イチ子もこんな悲しいニュースをお届けするのはとても残念です。

亡くなった原因は不明ですが、今朝(5月17日)は雨が降っていたこともあり、親鳥もどこか寂しそうな様子。
こざと公園の白鳥のヒナ死ぬ
ヒナは1羽となってしまいましたが、何とか無事に大きくなってもらいたいものです。

【追記】 5月19日

現場周辺で何人かにお話を伺った情報をまとめると、
3羽が亡くなったのは5月14日(土)の昼頃で、同日午前中は3羽とも元気に泳いでいたようです。

何かを口にしてその後容体が悪くなり亡くなったのではないか?とのこと。

ぐったりと浮かんでいたヒナたちを親鳥がくちばしで必死に持ちあげようとする姿に
涙する見学者の方も多かったようです。

その後ヒナの遺体は市川市の方が持ち帰ったとのことでした。

心よりご冥福をお祈りいたします。