市川南の落書き
※画像はANNchNEWSよりお借りしました。
市川市内で2015年11月ごろから連続して発生していた落書き事件の犯人がついに逮捕されました。


スポンサードリンク

落書きの被害が相次いだのは、市川市の市川南と大洲地区。

昨年11月から民家の壁やブロック塀、車などに赤や青などのスプレーで「アホ」といった文字と曲線がかかれ、今年5月には舛添要一・東京都知事を侮辱する落書きも発生。

被害は5月までの約7ヶ月で80件、被害額は約1200万円に及んでいたとのこと。
市川市落書き事件
周囲の防犯カメラの解析などにより容疑者を特定し、犯人の逮捕に至ったようです。

犯人は市川市内に住む自称塗装工の男(42)で、現在「心当たりはない」と容疑を否認しています。
このニュースは各メディアでも報道されました。

一部のメディアでは犯人の逮捕直後の様子を報じていましたが報道陣に向けて手を振っていました。何ということでしょう。

犯行の動機は何だったのか不明ですが、周辺住民の方は「安心した」とホッとされている様子。容疑者が逮捕されて本当に良かったです。

※あざみさん、情報提供ありがとうございました。

◆ どんな事でも結構です。市川市に関する情報を大募集しています!◆