2022年版も出ました、市川好きの人なら見逃せない卓上カレンダー「いちかわ らぶ 絵はがきカレンダー2022」です。

ご存知、心が動いたらなんでも絵に描くという、我らが市川の画家、百田稔(ももだみのる)先生が描いた数千枚の作品の中から12枚(各月1枚)をチョイス。
今回も市川在住の方なら、おっ!と思うようなシーンや地元名所ばかり。

そしてなんと、先日から市川市のふるさと納税返礼品にもなっています(寄附金額 5,000円)。
※市川市民の方は市川市に寄付をしても返礼品はもらえませんのでご注意ください。

関連リンク:ふるさと納税返礼品の申し込み


スポンサードリンク

いちかわ らぶ 絵はがきカレンダーが販売中

各月の絵は以下の通り。

  • 1月:市川アイリンク46階展望デッキから「ダイヤモンド富士」を望む
  • 2月:白幡天神社 枝重紅梅
  • 3月:市川国府台 里見公園
  • 4月:真間川堤 桜まつり
  • 5月:国分川 鯉のぼりフェスティバル
  • 6月:平田諏訪神社
  • 7月:北総線北国分駅 七夕の笹飾り
  • 8月:「江戸川十二景」シリーズ市川市民納涼花火大会
  • 9月: 市川市の消防」シリーズ ≪消防団≫
  • 10月:南行徳街回遊展 「南行徳の味覚ホコ天」
  • 11月:「市川市の神社」シリーズ 葛飾八幡宮
  • 12月:中山競馬場のクリスマスツリー

絵はがきカレンダーという名の通り、ハガキサイズで裏面に切手をはれば絵葉書になります。毎月知人に送るもよし、過ぎた月のカレンダーのもよし、送って送って市川の魅力をどんどん外に発信しましょう。

いちかわ らぶ 絵はがきカレンダー 販売情報

価格は1,200円(税込)、カレンダー立てが付いています。
地元の喫茶店や市内観光地、道の駅、アイリンク45階、銀河コーヒー 市川真間店などで、販売中。

以下のウェブショップからも購入できます(送料込、税込1,450円)

関連リンク:いちかわ らぶ 絵はがきカレンダー2021/銀河コーヒー公式Webサイト

銀河コーヒー アクセス

お店は京成線・市川真間駅北口より徒歩1分です。