1/5(水)放送、NHK「首都圏ネットワーク」で11月にオープンした市川駅前の「市本(いちぼん)」が登場しました。

放送内容はNHKのネットニュースになっています。

関連リンク:“本を通じた学びや交流機会を提供”施設オープン 千葉 市川/NHK

スポンサードリンク

市本とは?

市本は市川市の公共施設です(コクヨがプロデュース)

令和3年11月3日(水曜)に市川市学習交流施設 「市本(いちぼん)」がオープンします。

主に社会人や大学生の方を対象に、本を介した学びと交流を促進し、働きながらも学び続けていける環境の醸成や新たな交流の機会創出を目的とした施設です。
気になる本を読んだり本に関するイベントに参加するなどの新たな学びと交流の機会を提供します。仕事や学校帰りに、ぜひお立ち寄りください。

<施設のコンセプト>

毎月テーマに沿った本と出会える
毎月ひとつのテーマを設定し、関連があれば学術書、新書、小説、マンガ、雑誌などジャンルを問わず本を紹介します。

本を介した学びと交流
読書会や講演など、毎月のテーマにまつわるイベントを開催します。
本を介した学びとともに、参加者が楽しみながら交流できる企画を実施していきます。
また、1日1冊テーマにまつわる本をSNSで紹介します。

学びと交流を育む居心地良い空間
窓側にあるカウンター席は、一人で居心地良く過ごすのに最適な空間です。
また、コミュニティマネージャーと呼ばれるスタッフが、新しい本との出会いや交流の機会づくりをサポートします。
市川駅北口徒歩1分の立地で、仕事や学校帰りに立ち寄ることができます。

引用:市川市学習交流施設 市本(いちぼん)/市川市

放送では市内在住のミステリー作家石川智健さんが登場。

紹介された「天才たちの日課」、面白そうで読んでみたいと思いました。

市本では毎月のテーマに沿って選ばれた本が紹介されていますが、2022年1月のテーマは「書くことをはじめよう」です。

市本(いちぼん) 施設情報

  • 住所:千葉県市川市市川1-1-1(旧:観光物産案内所)
  • 開館時間:火~日/11:00~21:00(2022年3月末までは正午から20:00)
  • 休館日:毎週月曜、祝日、年末年始

※新型コロナウイルス感染拡大防止のため入館人数を制限する場合があります
※専用の駐車場や駐輪場はありません