ムロツヨシさん主演ドラマ「全っっっっっ然知らない街を歩いてみたものの」が3/6(日)スタートしますが、市川市のえんぴつ公園(南行徳)がロケ地となっています。

※写真はイメージです。

スポンサードリンク

第1話は南行徳

えんぴつ公園のほかに、南行徳駅でも撮影があったそうですよ。

昨年3月に、異例の6夜連続で放送された、ムロツヨシさん、フジテレビ初主演の深夜連続ドラマ『全っっっっっ然知らない街を歩いてみたものの』(原作:清野とおる)は、縁もゆかりもない、足を踏み入れたことのない街を主人公が探検する、いわば「街ブラアドベンチャー」。

『全っっっっっ然知らない街を歩いてみたもののSeason2』(3月6日スタート!/フジテレビ)では、原作漫画にはないオリジナルの物語も登場します。

赤羽在住の漫画家セイノ(ムロツヨシ)は、自分の知らない街を知らないまま死んでしまうのは「嫌だー!」と、自分とは縁もゆかりもない土地へ足を運び始めます。

そこで繰り広げられる物語は、その街で実在する場所が舞台になり、そこで実際に暮らす人、本当にお店で働いている人たちをモデルに俳優たちが演じます。

台本こそあるものの「これはリアル?ここはドラマ?」と、なんとも不思議な感覚に陥るドラマです。

引用:フジテレビビュー

放送は3/6(日)より毎週日曜25時25分~(フジテレビ・8ch)です。

えんぴつ公園(南行徳公園)

えんぴつ公園はローラーすべり台、アスレチック遊具、プールなど年中楽しめる大きな公園です。

住所:千葉県市川市相之川4-1-1

関連リンク:南行徳公園/市川市