南大野の建設会社社長が部下の子に暴行しけがをさせた疑いで8月9日逮捕されました。
taiho
※写真はイメージです。


スポンサードリンク

事件が起きたのは8月8日午後8時半頃。建設会社「T.s life」社長宅の居間で部下の次男である小学1年生の男児(6)の髪の毛をつかみ複数回、床にたたきつけてケガをさせたとみられています。

逮捕された社長は「叱るつもりだった」と容疑を認めているとのこと。男児は頭の骨を折る重傷を負いました。

事件当時、社長は男児の父親ら部下数人と自宅で酒を飲み、男児は母親と共に父親を迎えに来ていたそうです。その際、社長がプロレス技の「4の字固め」をかけたところ、男児が痛がって社長の顔を叩いたことで暴行に及んだのだとか。

6歳の子に4の字固めというのもやり過ぎですし、それに男児が痛がったから頭の骨を折るまでの暴行に及ぶというのはとんでもない出来事ですね。

男児の一日も早い回復を祈るばかりです。

※あざみさん、情報提供ありがとうございました。