鬼高1丁目の千葉県立産業科学館では8月12日(金)よりプラネタリウム上映会を開催しています。
宇宙
※画像はイメージです。


スポンサードリンク

2014年にスタートし、2年連続で大好評だった企画を今年も実施!2016年のテーマは「宇宙(そら)へ」です。

「星のある風景~宇宙~」は美しい街並みと大自然の景色に星空が調和した様子を再現したオリジナル番組の第3弾。これまでは地上の風景を再現していましたが、今回は地上を離れ宇宙へ。

火星の日没や木星の雄大な姿を見上げる衛星の光景など地球とはかけ離れた景色を再現します。

今回の上映会はプラネタリウムクリエーターとして活躍する大平貴之さんが手がけたもの。最新のプラネタリウム投影機「12K MEGASTAR-FUSION」を使用し、革新的な映像を楽しむことが出来そうです。

昨年(2014年)の上映会の様子がYouTubeの動画にありましたのでご紹介します。

尚、上映時間は次の通りです。

10:00 「星のある風景~宇宙(そら)~」
11:10 「七夕ランデブー~FUSIONバージョン~」
12:30 「星のある風景~宇宙(そら)~」
13:40 「星のある風景~宇宙(そら)~」
14:50 「七夕ランデブー~FUSIONバージョン~」
16:00 「星のある風景~宇宙(そら)~」

ちなみに混雑状況は現代産業科学館の公式ページ新着情報欄に「前日の発券結果」が掲載されています。
全280席あり平均30~50%の発券率のようですので、当日でも入場は可能のようです。

夏休みもあと少し。プラネタリウムを通して星空に思いをはせてみてはいかがでしょうか?

【イベント概要】

場所 千葉県立現代産業科学館(市川市鬼高1-1-3)
日時 8月12日(金)~31日(水) ※22日、29日は休館日
時間 午前9時~午後5時(上映時間は上記の通り)
入場料 大人500円、高校生・大学生250円(中学生以下と65歳以上は無料)
問い合わせ 047-379-2005