京成の沿線情報誌「おでかけぶっく(2020)」に市川市内のお店も掲載されています。

スポンサードリンク

市川市内のお店も掲載

2020年度版では、巻頭特集ページで駅員おすすめの「ラーメン店」「定食・ランチ」 「居酒屋」や「こだわりの銘酒に出会えるお店」をご紹介し、各駅紹介ページではグルメ・ 観光・体験スポットなどを全14エリアに分けて掲載するなど、沿線の魅力が凝縮された 内容となっています。

【誌面構成】
1~2ページ … 目次
3~4ページ … 「巻頭特集1」駅員おすすめラーメン店
5~6ページ … 「巻頭特集2」駅員おすすめ定食・ランチ
7~8ページ … 「巻頭特集3」駅員おすすめ居酒屋
9~10ページ … 「巻頭特集4」こだわりの銘酒に出会えるお店
11~38ページ … 沿線を全14エリアに分け、グルメ・観光・体験 スポットなどを紹介

引用:京成電鉄ニュースリリース/PDF

市川市内では、芳澤ガーデンギャラリー、国府台のピザ「パパボーヤーズ」や本八幡のオリーブオイル専門店「ママズテーブル」、鬼高のホステル「We Home hostel&kitchen」などが掲載されています。

この情報誌を見ながら京成電車にのってお出かけすると楽しそうですよ。

おでかけぶっくは京成線の各駅などで無料配布されていますが、ネットでも見ることができます。

関連リンク:おでかけぶっく(2020年版)/PDF