市川市立中央図書館
2017年1月5日(木)よりスタートした市川市立中央図書館・こどもとしょかんの「本の福袋」を借りてみました。


スポンサードリンク

開館は午前10時。

みなさん福袋が目当てなのか?中央図書館もこどもとしょかんも5分前には列ができていました。

まずはこどもとしょかんへ。

中央図書館こどもとしょかんの年齢別福袋数はこんな感じでした。

0~3才向け 35セット
4~6才向け 35セット
小学校低学年向け 30セット
小学校中学年向け 30セット
小学校高学年向け 20セット
一般(大人向け) 20セット

合計170セット

こどもとしょかんの職員の方に伺ったところ、例年、乳幼児の福袋が人気だそうで、今年は少し数を増やしたとのこと。

イチ子の息子は福袋が初体験。

福袋の意味がわかっていませんでしたが、「好きなものを選べる」と言ったら気分が乗ってきました。

福袋には対象年齢とテーマが書かれていて、当然中身は見えないのでワクワクします。

本の福袋2017市川市こどもとしょかん

「どれにする?」と選んだのは「でんしゃだいすき」

中には次の5冊入っていました。

【中身】

  • せんろはつづく どこまでつづく
  • オレンジいろのディーゼルカー
  • とっきゅうでんしゃあつまれ
  • でんしゃがはしる
  • 小さなきかんしゃ

実は、息子は本は買うものだという思い込みがあり、借りることを今まで拒んでいたのですが、この福袋にシリーズものが入っていて、「あ!このシリーズまた借りたい!」と言ってくれてイチ子感動。

福袋を通して図書館と本が好きになってくれることを願っています。

イチ子も大人の福袋を借りました。

市川市図書館本の福袋2017

【中身】

  • お家をパワースポットにする方法
  • 運をひらく季節の作法
  • 運がよくなるハッピー習慣

他にも「ゆる~くいきたい」「○○がうまれるまで」などテーマを見るだけでも面白いですね。

なかなかユニークな企画だと思います。

これらの福袋はなくなり次第終了です。借りたい人はお早めに!